順位 脱毛サロン 特徴 公式
キレイモ 初月無料キレイモなら顔を含む33ヶ所の全身脱毛が可能!ベット数&店舗も多く予約取りやすく、月額9,500円なのでお財布にも優しい! 公式サイト
銀座カラー 【無料体験実施中】月額6,500円から、何回でも脱毛できる全身脱毛し放題コースあり! 公式サイト
ミュゼ 【先着1000名様限定】全身脱毛コース初回100円で受けられる!学生も優しい脱毛サロン 公式サイト
 順位 脱毛サロン 特徴 公式
キレイモ 初月無料キレイモなら顔を含む33ヶ所の全身脱毛が可能!ベット数&店舗も多く予約取りやすく、月額9,500円なのでお財布にも優しい! 公式サイト
銀座カラー 【無料体験実施中】月額6,500円から、何回でも脱毛できる全身脱毛し放題コースあり! 公式サイト
ミュゼ 【先着1000名様限定】全身脱毛コース初回100円で受けられる!学生も優しい脱毛サロン 公式サイト

vio脱毛で「濡れる」と感じていることが心配なあなたへ

vio脱毛で「濡れる」と感じていることが心配なあなたへ
vio脱毛(ハイジニーナ脱毛)を受けている際、特に感じているわけでもないのに、濡れてしまうことを不安な方っていらっしゃいますよね?でも、デリケート部分の問題なので、人には聞きづらいこともあるでしょう。

特に、デリケート部分は敏感なので、もし施術中に触れた時に、濡れることが不安な方も多いと思います。ちなみに、大切なことは「濡れることに対して、適切な対応をしてくれる脱毛サロンを選択する」ことです。今回は、不安な女性のために、濡れる原因や対処方法などをご紹介していきます。

まず「無料カウンセリング」を申し込みましょう♡

濡れること心配な方は、プロによる無料カウンセリングを申し込んでおきましょう!

「無料」なので、お金の心配なくも安心して相談できます!

特に「キレイモ」なら親身になって、相談にのってくれるので安心です♡

キレイモ(KIREIMO)・・全身脱毛33カ所・月額9500円プランが今なら初月無料!

キャンペーンバナー

人気急上昇!全身脱毛を激安でするなら、キレイモ(KIREIMO)がおすすめ!

顔を含む全身33箇所を選択できる月額9,500円(税込10,260円)の全身脱毛プランが初回無料!その絵、今なら、ハンド脱毛無料体験キャンペーン中!キレイモは、冷却ジェルを使用しない冷却マシンで脱毛するため、不快感を感じずに脱毛することができます!また、追加料金なしで「顔脱毛」できるのもおすすめ!

更に、学生なら学割で約7万円分のキャッシュバック付き!学生のうちの申し込めば、卒後しても学割を受けられうため、とってもお得!全身脱毛するなら、学割プランを利用して施術を受けよう!

キャンペーンバナー

また、他の脱毛サロンで脱毛している人が、キレイモに乗り換えると最大5万円の割引キャンペーン実施中!「サービスに満足いかない」「予約が全然とれない」「脱毛が痛い」など不満を持っている方は、ぜひこの機会にキレイモで全身脱毛してみしょう!

[st-kaiwa1]パックプランでもうすぐ10回です。最近肌キレイだねって褒められました!!ちょっと恥ずかしいけど、うれしかったです♪この前行った時に機械が新しくなってて、施術が早く終わってびっくりしました![/st-kaiwa1]

[st-kaiwa1]キレイモさんいいですよ。もう2年以上通ってますが、いやな思いしたことないです。最初は新しいサロンで不安だったけど、ネット予約とか色々できるようになって通いやすいです。もうかなりつるつるに近づいてます![/st-kaiwa1]

濡れる原因ってなんでなの?

濡れる原因ってなんでなの?
女性が「濡れる」というのは、一般的には、女性器から「膣分泌液(ちつぶんぴつえき)」、もしくは「膣液(ちつえき)」という無色透明で粘性のある液体が分泌されることを指しており、他にも愛液など呼ばれています。膣分泌液の成分は、汗とおなじようなもので、血液から漏れ、主成分は血漿とされていますが、この液は、「気持ちいい」から分泌されるわけではありません。

膣分泌液には、性的な刺激・興奮を覚えた時だけに分泌されるわけではなく、「恐怖・緊張」を覚えた時に分泌されるものであり、体を防御するために仕方なく出てくる場合もあります。膣分泌液には、痛みを軽減したり、膣内を清潔に保つ効果もあるため、脱毛をする時に、感じる痛みを軽減するために濡れているだけで、全く心配する必要はないありません。

濡れてしまう人は数多くいます!

脱毛で濡れても安心
vio脱毛の施術中に塗れてしまう方は多くいます。個人差はありますが、スタッフが女性であっても、陰部を触れらてしまうだけて濡れてしまう方もいらっしゃいます。デリケート部分を見られて緊張してしまうことは普通であるため、濡れてしまうことの方がむしろ自然かもしれません。濡れることは自然現象である他ため、コントロールすることは難しいですが、エステ・クリニックの方はプロであり、濡れた場合に関しても、濡れた程度であればわざわざ反応するような事はせずに、淡々と処理をしてくれます。

教育を受けたスタッフさんではあれば、濡れることに関しては反応するのは、利用者にとって失礼にあたるため、わざわざ反応するような失礼な行動をことはまずないからなです。ですので、恥ずかしいとは思いますが、何人・何回も脱毛をしているスタッフさんを信頼して施術を受ければ心配することはないでしょう。

vio脱毛で濡れやすい人の特徴って?


vio脱毛の施術中に濡れてしま方は多くいますが、施術中に濡れてしまう方の特徴はどんな人なのかご紹介してきます。

1. おりものが多い日

一般的には、月経前後や排卵日など、おりものの分泌液量が増える時期にVIO脱毛の施術を受けた人は濡れてしまう方が多いと言われています。ですので、濡れることが心配な方はこの時期を避けるようにしましょう。

2. 刺激にすごく敏感な人

個人差によりますが、普段から、刺激に敏感な方は濡れやすい傾向にあります。デリケート部分は刺激に敏感であり、体質の問題であるため、このあたりは心配しなくても大丈夫だと思っています。

濡れやすい人やるべき対処法とは

それでは、vio脱毛中に濡れやすい人がやるべき対処方法とはなんでしょうか?

1. 清潔感のあるキレイな状態を保ちましょう

vio脱毛の施術を受ける際は、まず濡れることよりも清潔感を保った状態で、施術を受けることを心がけましょう。感じていなくてもデリケート部分を触られて濡れるということは生理現象で仕方ないことなので、それよりも脱毛する前に、周辺部分は拭いてキレイな状態にしておきましょう。トイレットペーパーなどの残っていたりすると、施術するスタップにも迷惑をかけるため、まずは衛生面的にきちんとした状態にしておきましょう。

2. ジェルを多めに塗る

脱毛する際は、火傷防止などの理由によりジェルを塗る場合もあります。ジェルを塗ってから処理を行うようであれば、ジェルでそもそも濡れているために多少濡れたとしても全く気が付かれる心配はありません。そのため、多少濡れたとしてもスタッフが、わざわざ反応するような失礼な事は無いのが普通です。

3. スタッフは濡れることを気にしていない

大切なことなので、再度言いますが、濡れることに対してスタッフは全く気にしていません。スタッフ自身、vio脱毛経験者であり、恥ずかしかったり、緊張することも十分に理解していますので、安心した状態で施術を受けて大丈夫なのです。

vio脱毛の痛みで、濡れないこともある

vio脱毛の痛みで、濡れないこともある

濡れるかどうかを心配する人の中には、実際にサロンやクリニックで施術を受けたら痛くてそれどころではなかったという意見もあります。vio脱毛は脱毛する部位の中でも特に痛みを感じやすい場所でもあり、個人差はありますがそんな事を心配している状況では無かったという訳です。

心配な方は事前にスタッフに相談しましょう

心配な方は事前にスタッフに相談しましょう

濡れることが心配な方は、事前に濡れやすく、感じやすということを相談しておきましょう。無料カウンセリングを実施しているサロンなども多くあり、最初から相談しておけば意識しすぎることはなくなるでしょう、。失礼な態度を取るかどうかというのは、ある程度は普段の行動からも感じ取れるもので、カウンセリング時のスタッフの対応をよく観察して、不安であるというのであればキャンセルして他の所で行ってもらうという事も出来ます!

濡れることが不安な人におすすめの脱毛サロン!

 順位 脱毛サロン 特徴 公式
キレイモ 初月無料キレイモなら顔を含む33ヶ所の全身脱毛が可能!ベット数&店舗も多く予約取りやすく、月額9,500円なのでお財布にも優しい! 公式サイト
銀座カラー 【無料体験実施中】月額6,500円から、何回でも脱毛できる全身脱毛し放題コースあり! 公式サイト
ミュゼ 【先着1000名様限定】全身脱毛コース初回100円で受けられる!学生も優しい脱毛サロン 公式サイト
VIO脱毛, 脱毛の関連記事
  • VIO脱毛はどこまで剃るべき?おすすめの範囲を解説!
  • VIO脱毛ってすそわきがに効果あるの?彼氏・夫に臭いを指摘されたらどうする?
  • 学割を利用してお得に脱毛をはじめてみよう!
    VIO脱毛(ハイジニーナ)で毛がツルツルになる時期や回数とは?
  • 【すぐに脱毛したい!】VIO脱毛をして効果がではじめる時期はいつ頃?
  • VIO脱毛は激痛って本当?痛みが出る理由と対策方法とは
  • 学生で、脱毛している割合は?
    【VIO脱毛】アンダーヘアが剛毛で不安という方必見!おすすめの処理方法とは
おすすめの記事